Uncategorized

白亜紀 化石鳥 最古の鳥 オルニス 4

indet. (中新世中期), Passeriformes gen. et spp.  |  鳥類は、ある羽毛で覆われた獣脚類の恐竜から進化し、鳥類と恐竜を分ける線は実際にはない。しかし、K-T境界を境に、鳥類は生き延びたが、非鳥形態恐竜は絶滅に至った。この記事では、「鳥類(Bird)」はいわゆる鳥類綱(Aves)のクレードのメンバーとした[1]。恐竜の中には、鳥類であるかどうか言えない種もあるが、それらは、「Proto-bird」に入れた。, 当記事では、化石となった完全標本のみしか知られていない先史時代の鳥のタクサの一覧を記載した。それらの絶滅は第四紀後半以前より発生し、人類の活動によるものはなかった。人類は、鳥類とりわけそのタマゴを食用としていたが、後期旧石器時代まで鳥の個体数に深刻な影響を与えるほどの人口や技術はなかった。むしろ、ここで一覧にあげた鳥類の種は、彗星の大爆発、軌道シフト、大規模な噴火などによる気候変動のような生物以外の原因により絶滅したものである。つまり、それは、先祖あるいはより優れたタクサにより進化による置き換えにより絶滅に至ったものである。非常に多くの種の海鳥が第四紀にかけて絶滅したのは有名である。これはおそらく、少なくとも当時代に海に生きる哺乳類が出現によるものであろう。それらのタクサの関連は、しばしば、断定するのは困難である。というのも、多くは、大変部分的な遺構からしか知られておらず、DNA、RNA、たんぱく質配列からの情報分析を除き、完全な化石によってしか知られていない。, 19世紀後半以前、鉱物はまだ、生物学の界のひとつとして考えられ、化石はしばしば、並行分類学として扱われていた。化石を動物あるいは植物に割りあてるよりむしろ、それらは、鉱物種として扱われ、Osteornis(骨の鳥類)あるいはOrnitholithus(鳥類の化石)を学名に使用された。後者の学名は、卵化石に割り当てる属名(oogenus)に使用されている。, 系統学の分類において、目以上のタクサが与えられているかどうか疑わしい。属より下位グループにおいて、年代順で並べている。, 新鳥類以外の上位グループは、Luis Chiappe[2]により提案された系統発生に基づいて配置され、最近の研究結果も、この一覧表を改訂あるいは追記することにより反映している[3]。, 最も原始的な鳥類は、通常、一般に脊椎は融合しておらず、長い骨尾を持つ。これらの原始的な鳥のすべてが鳥の祖先の系統にあるかもしれないとは限らない。それらが、鳥群より他の獣脚竜類に近縁ではないことは、検証されている(Xiaotingiaを参照)。, 現生の尾端骨をもつ最古の鳥類であり、尾椎骨が減少し融合している。おそらく側系統群とされる。尾端骨の二つのタイプが知られており、ひとつは、Confuciusornithidae、エナンティオルニス類などやノミンギアようないくつかの非鳥類獣脚類に、見られる棒のような形状であり、もうひとつは、現生鳥類につながる系統でのみ知られているすきの刃のような形状である。鳥類で見られる尾端骨が、実際に子孫で共通の表現形態である共有形質であることは確実とは言えない[4]。, ここで提示したエナンティオルニス類の分類リストは2011年にトーマス・R・ホルツ・ジュニアによって公開された概要による[5]。, 注意:このZhyraornis属は、ornithuranとして分類されることもあるが、ホルツ(2011)は、euenantiornithinesに含めていることに注意[11]。ホルツは、Liaoningornisをornithuromorphに入れたが、最近の研究では、Eoalulavisの近縁類として配置している[12]。, Ornithuromorphaとも呼ばれる[13]。基本的に現生鳥と同じであるが、多くはまだそのような歯や翼の爪などいくつかの原始的な特徴を持っている点が異なる。これらは、すきの刃のような形状の尾端骨と尾翼を持っている。このグループの分類は紛らわしい;「Ornithurae」の名は、1866年に、エルンスト・ヘッケルよって初めて提案された。それ以来、用語の意味について数回改訂されている。, 注意:ホルツはEurolimnornis、Holbotia、Palaeocursornis、Piksiの3属をeuornitheansに含めていたが、それらは、翼竜として同定されている[14]。, 基底(Basal)と未解決の形態(unresolved forms) (中新世中期 - 後期), †Gasthornithidae gen. et sp.

indet.

白亜紀を代表する生き物といえば、なんといっても恐竜でしょう。三畳紀の中ごろ(およそ2億4,000万年前)には地球上に登場していたとされる恐竜ですが、ジュラ紀には多くの種へと進化し、陸上で最も繁栄していた動物となります。白亜紀に入っても恐竜のこの絶好調ぶりは止まらず、引き続き陸の王者として君臨(くんりん)しました。私たちが恐竜と聞いて真っ先に思い出すティラノサウルスやトリケラトプスが活躍したのも、白亜紀の終わりごろのことでした。, 白亜紀の恐竜を語る重要なキーワードといえば、「羽毛」でしょう。ジュラ紀の終わりごろ(およそ1億5,500 万年前)には、羽毛をもつ恐竜(羽毛恐竜)が登場し、その後すぐに羽毛恐竜の中から最初の鳥が誕生したと考えられています。そして、羽毛恐竜グループと鳥グループがそれぞれに進化をした結果、白亜紀には羽毛恐竜と初期の鳥とが共に暮らす世界が広がっていました。白亜紀中ごろには、ティラノサウルスの祖先とされる全長9メートルの巨大肉食恐竜までもが羽毛をもっていたことがわかっていますので、白亜紀の恐竜たちの多くが体の全体もしくは一部に羽毛をもっていたのかもしれません。 1億5千万年前の地層から、僅か8個しか見つかっていない鳥の化石は、白亜紀の終わりにかけて、その種類と数が増えてきました。鳥は世界各地に広がり始めたのです。特に北米大陸から白亜紀の鳥の化石が、数多く発見されています。 SMF Av 429 (漸新世後期), Passeriformes gen. et spp. indet (漸新世後期/中新世初期), Columbidae gen. et sp. †Jeholornis

MPEF-PV-2523 (中新世後期), Accipitridae gen. et sp. MNZ S42623 (中新世前期/中期)–, Rallidae gen. et spp. 始祖鳥(Archaeopteryx lithographica)は、ドイツバイエルン州ゾルンホーフェン(Solnhofen)のジュラ紀後期の地層から発掘され、空を飛ぶ能力を持っていたとされる鳥群最古の生物である[1]。しかし、いくつかの鳥群の化石が、中国遼寧省のジュラ紀後期の髫髻山層(英語版)から発掘され、約1.6億年のものと推定されている[2][3]。, 大多数の研究者は、鳥群をブランチによるクレード(branch-based clade)と定義づけているが、その定義はさまざまである。多くの研究者らは、デイノニクス(Deinonychus)より鳥類に近い獣脚類と定義している[4][5]。AgnolionとNovor(2013)は、ほぼ同一の定義である「ドロマエオサウルスよりスズメ属に近いすべてのタクサを含む獣脚類グループ」としてAveraptoraを使用している[6]。, 鳥群は、派生形質によるグレードとしても定義されている。1986年に鳥群のクレードを新設したジャック・ゴーティエは、2001年に空を飛ぶ能力のある羽毛がある翼を持った恐竜とそれらの子孫である鳥類に再定義した[7][8]。, ゴーティエ[8] は、鳥類(Aves)という用語の定義についての問題を認識していた。鳥類(Aves)という同じ生物学的名称が4つの異なる方法で使われてきた。ゴーティエは、鳥類(Aves)をクラウングループとし、すべての現生鳥類とそれらの子孫すべての共通の祖先とした。それ以外の定義については他の用語を割り当てた。, 鳥類(Aves)は、現生鳥類とその子孫すべての共通の祖先とするという定義により始祖鳥(Archaeopteryx)は鳥群であるが、鳥類から外れることになった。ゴーティエの提案は、古生物学者や鳥類の進化の研究者に受け入れられたが、その正確な定義の適用は一致していない。はじめ鳥類の化石の置き換えとして提案された鳥群は、鳥の同義語として使われる場合もある[9]。, 鳥群の化石で最も古いものは中国の髫髻山層(英語版)から発掘されたもので、ジュラ紀後期(1億6000万年前)のものであった[9]。この年代から鳥群であるアンキオルニス(Anchiornis huxleyi )、シャオティンギア(Xiaotingia zhengi )、アウロルニス・シュイ(Aurornis qui )が発掘された。よく知られた鳥群として、ドイツのジュラ紀の岩石(約1億5500万年前)から発掘された始祖鳥(Archaeopteryx )がある。それら早期の鳥群の多くは、詳しい解剖学的特徴を持ち、その特徴は、鳥の進化の過程で失われたものであった。それらの特徴は、第二趾に大きな鎌爪、長い羽毛であった。一部では、後肢と後脚を覆う後翼(飛ぶとき、それを羽ばたかせていたかもしれない)があった。それらの特徴から地上での生活を離れたかもしれない[11]。 indet. (Early/中新世中期), Accipitridae gen. et sp. indet. (始新世前期), Psittacidae gen. et spp. (Early/中新世中期), Passeriformes gen. et spp.  つまり、恐竜たちも海にはばまれて東と西の陸地を行き来することができなくなってしまったのです。そのため、恐竜たちは東の陸地(アパラチア大陸)と西の陸地(ララミディア大陸)で別々に進化をするようになり、それぞれの大陸でしか見ることのできない新たな種類の恐竜たちがたくさん登場しました。北アメリカ大陸のおよそ7,500万年前(白亜紀の終わりごろ)の地層からは、それ以前やそれ以後の時代の地層よりも多くの種類の恐竜の化石が見つかります。これは、恐竜がその時代で特に多くの種に進化したというわけではなく、海による陸地の分断という大事件が恐竜の進化にも影響(えいきょう)したことを今に伝える大切な証拠なのです。, ところで、白亜紀を語る上で重要なキーワードその2、「花を咲かせる植物の登場」については、第3回で詳しく紹介しました。このキーワードは、植物を食べる恐竜たちにとっても重大な変化であったことがわかっています。花を咲かせる植物が登場する前のジュラ紀を代表する植物食恐竜といえば、長い首と尾をもつブラキオサウルスなどのグループ(竜脚類(りゅうきゃくるい))や、背中の大きな板やトゲが特徴のステゴサウルスなどのグループ(剣竜類(けんりゅうるい))でしょう。これらの恐竜の歯やアゴは、あまり強力にはできていません。かたい植物をむしり取ったりすりつぶしたりすることはむずかしく、やわらかい植物をクシのようにすき取って食べるのに使われていたと考えられています。, 一方、白亜紀に大繁栄した植物食恐竜といえば、頭のトゲとフリルが特徴のトリケラトプスなどのグループ(角竜類(つのりゅうるい))や、カモのようなクチバシをもつマイアサウラなどのグループ(鳥脚類(ちょうきゃくるい))です。これらの恐竜は、強力なアゴや植物をむしり取るためのクチバシ、植物をすりつぶすことができる特殊(とくしゅ)な構造(デンタルバッテリーといいます)の歯をもっていました。角竜類や鳥脚類は、これらを使ってかたい植物をもむしり取りすりつぶして食べることができました。一説では、これらの特徴は、それまでの植物よりかたい、花を咲かせる植物を食べられるように進化した結果ではないかと考えられています。花を咲かせる植物の繁栄に合わせて上手に進化することができたため、これらの恐竜たちは成功することができたかもしれませんね。, 白亜紀を代表する生き物といえば、なんといっても恐竜でしょう。三畳紀の中ごろ(およそ2億4,000万年前)には地球上に登場していたとされる恐竜ですが、ジュラ紀には多くの種へと進化し、陸上で最も繁栄していた動物となります。白亜紀に入っても恐竜のこの絶好調ぶりは止まらず、引き続き陸の王者として君臨, 白亜紀の恐竜を語る重要なキーワードといえば、「羽毛」でしょう。ジュラ紀の終わりごろ(およそ1億5,500 万年前)には、羽毛をもつ恐竜(羽毛恐竜)が登場し、その後すぐに羽毛恐竜の中から最初の鳥が誕生したと考えられています。そして、羽毛恐竜グループと鳥グループがそれぞれに進化をした結果、白亜紀には羽毛恐竜と初期の鳥とが共に暮らす世界が広がっていました。白亜紀中ごろには、ティラノサウルスの祖先とされる全長9メートルの巨大肉食恐竜までもが羽毛をもっていたことがわかっていますので、白亜紀の恐竜たちの多くが体の全体もしくは一部に羽毛をもっていたのかもしれません。, このように大成功をした白亜紀の恐竜たちですが、白亜紀の特別な環境に合わせて進化しなければならなかったこともわかってきています。, 実は、この大事件は、恐竜にとってもとても重大な出来事だったのです。北アメリカ大陸を東と西に分断した深くて広い海は、最も深いところで深さ760メートル、最も広いところで幅970キロメートルもあったとされています。これでは、どんなに恐竜たちが泳ぎの達人だったとしても、東と西の陸地を泳いで渡ることはできなかったでしょう。, ところで、白亜紀を語る上で重要なキーワードその2、「花を咲かせる植物の登場」については、第3回で詳しく紹介しました。このキーワードは、植物を食べる恐竜たちにとっても重大な変化であったことがわかっています。花を咲かせる植物が登場する前のジュラ紀を代表する植物食恐竜といえば、長い首と尾をもつブラキオサウルスなどのグループ(竜脚類, 一方、白亜紀に大繁栄した植物食恐竜といえば、頭のトゲとフリルが特徴のトリケラトプスなどのグループ(角竜類. indet. 水田記念博物館大石化石ギャラリーには、2体の羽毛恐竜化石が展示されています。1体はおよそ1億5,500万年前に登場した最古の羽毛恐竜アンキオルニス、もう1体は初期の鳥たちと共に暮らしていた空飛ぶ羽毛恐竜ミクロラプトルです。 (中新世後期), Meliphagidae gen. et spp. トップページ, (1)メール・アドレスを記入し、「購読」ボタンをクリックしてください。(2)届いたメールの「フォローを確認」をクリックしてくださると、登録完了です。, 雛に口移しで餌を与えているスズメを飽かず眺める・・・【情熱的読書人間のないしょ話(15)】. indet. indet. indet. 鳥群の化石で最も古いものは中国の 髫髻山層 (英語版) から発掘されたもので、ジュラ紀後期(1億6000万年前)のものであった 。 この年代から鳥群であるアンキオルニス(Anchiornis huxleyi )、シャオティンギア(Xiaotingia zhengi )、アウロルニス・シュイ(Aurornis qui )が発掘された。 indet. †Xiaotingia indet. indet. KUVP 9393 (漸新世前期/中期), Charadriiformes gen. et sp. Weishampel, David B.; Dodson, Peter; Osmólska, Halszka (eds.) これらの現生鳥類は、現生群のどれか一群に関連して配置することができない化石であると知られ、固有派生形質的にそれらを分類学上の目に割り当てることができない。特に白亜紀後期から第三紀前期の分類群は、おそらくいくつかの現生の目に分かれ、第三紀後期の分類群は、現生する科を除いて絶滅した系統が多く存在している。, ディアトリマは、不明瞭な類縁の巨大な飛ぶことのできない古第三紀鳥のグループである。伝統的にツル目に属していたが、現在、それらは別の目と考えられて、キジカモ類に近いと思われている。, コウノトリ、アオサギ、および新世界のハゲワシを含む多様なグループ。ここでリストしたものは側系統である。, 現代のペリカンとウを含むグループである。ここにあげた種は側系統である;ネッタイチョウの系統は、このグループの一部ではなく、ミズナギドリ類と関係し、ペンギン目との関係については、より多くの調査が必要である。また、ペリカンは、少なくともウと同様にコウノトリ科に近いので、ウのグループはウ目(Phalacrocoraciiformes)と分離し、ペリカン類はコウノトリ科に合併される場合もある。, “A new enantiornithine bird (aves) from the 白亜紀前期 of Liaoning, China”, http://en.cnki.com.cn/Article_en/CJFDTotal-GSWX201004012.htm, “New enantiornithine bird (Aves, Ornithothoraces) from the Late Cretaceous of NW Argentina”, http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B6X1G-51M4Y6T-1&_user=10&_coverDate=12%2F31%2F2010&_rdoc=5&_fmt=high&_orig=browse&_origin=browse&_zone=rslt_list_item&_srch=doc-info(%23toc%237242%232010%23999909991%232788736%23FLA%23display%23Volume)&_cdi=7242&_sort=d&_docanchor=&_ct=12&_acct=C000050221&_version=1&_urlVersion=0&_userid=10&md5=c591c4e9494068e425f1f26dbfa33dc8&searchtype=a, https://archive.is/20130107012637/http://www.mnhn.fr/museum/foffice/science/science/DocScientifique/publications/presentation/publicationAP/ficheContenu.xsp?CONTENU_ID=4592&PARUTION_ID=2966&PUBLICATION_ID=21&idx=6&nav=listeParution, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=化石鳥類の一覧&oldid=71639420, †"Presbyornithidae" gen. et sp. "A new look at the phylogeny of Coelurosauria (Dinosauria: Theropoda).". (始新世後期?

 白亜紀を語る上で欠かせないキーワードの1つめを覚えているでしょうか?「とにかくあたたかい!!」でしたね。第2回では、温暖化で北極・南極の氷がとけたことが原因の1つとなった海面の上昇などによって、北アメリカ大陸が真っ二つに分断されてしまった話をしました。, 実は、この大事件は、恐竜にとってもとても重大な出来事だったのです。北アメリカ大陸を東と西に分断した深くて広い海は、最も深いところで深さ760メートル、最も広いところで幅970キロメートルもあったとされています。これでは、どんなに恐竜たちが泳ぎの達人だったとしても、東と西の陸地を泳いで渡ることはできなかったでしょう。 7-41 in, “The avian nature of the brain and inner ear of Archaeopteryx”, http://www.ucm.es/info/paleo/personal/patricio/DMKCR-2004.pdf, “The phylogenetic affinities of the bizarre Late Cretaceous Romanian theropod, https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4476167/, Birds survived dino extinction with keen senses, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=鳥群&oldid=76898041, 鳥類(Aves)は、羽毛を持った進化した竜甲類を意味する(代替としてAvifilopluma), 鳥類(Aves)は、ワニ類よりも鳥類に近い爬虫類を意味する(代替としてAvementatarsalia), 鳥類(Aves)は、現生鳥類とその子孫すべての共通の祖先を意味する(代替としてNeornithes). "Feathered dinosaurs, flying dinosaurs, crown dinosaurs, and the name Aves." シオカラトンボの雄、雌(ムギワラトンボとも呼ばれる)、スイレンの葉の上でのシオカラトンボの交尾、ツマグロヒョウモンの雄、雌、コミスジをカメラに収めました。因みに、本日の歩数は10419でした。, 閑話休題、『新説 恐竜学』(平山廉著、カンゼン)の魅力は、3つにまとめることができます。, 第1は、ユーモア溢れるイラストや図も総動員して、最新の恐竜学が分かり易く解説されていること。, 第2は、読者が知りたいと思うこと――恐竜の立ち姿は? 羽毛があった? 色は? 鳥との関係は? 子育ては? 群れを作った? 運動能力は? 泳げた? 寿命は?――に、きちんとした答えが用意されていること。, 「恐竜が絶滅したのは巨大隕石の衝突がおもな原因ではなく、恐竜の多様性そのものが何らかの原因で低下していたこと・・・恐竜の絶滅を引き起こした原因のなかで、もしかすると最大の影響を及ぼしたかもしれないのが、哺乳類の台頭です。・・・ジュラ紀からは恐竜が大繁栄を始めます。哺乳類型爬虫類の子孫である哺乳類は体が小さく、目立たない存在でしたが、『白亜紀後半』になると一気に多様性を拡げていきました。その要因として、花を咲かせる植物、すなわち被子植物が白亜紀中頃から増え、これに伴って花粉を媒介する昆虫(チョウやハチなど)も登場します。すると、植物の果実や昆虫を主食とする哺乳類も多様性を拡大したというわけです。体が小さい哺乳類の数が増えることで陸上の生態系の不安定さが増し、ついには恐竜を滅ぼしたのではないかというのが私の仮説です。これで『なぜ陸上の生態系で恐竜だけが絶滅したか』が説明できるのではないでしょうか? こうした『新型哺乳類(有胎盤類や有袋類)』の進化は各大陸で時間差がありました。有胎盤類の進化が速かった北半球では恐竜の絶滅も速く、南米やオーストラリアなど南半球では恐竜は白亜紀以降も繁栄を続けていたかもしれません。じつは、南米やインドなどでは、隕石衝突後の古第三紀初頭の地層からも、恐竜の化石が報告されているのです。要するに、我々人類の祖先をふくむ哺乳類は、巨大隕石の衝突で偶然起きた恐竜の絶滅に助けられたのではなく、自らの力で恐竜を絶滅へと追いやり、新生代の『哺乳類時代』への道を切り開いたのではないかと思うのです』。, 「始祖鳥より1000万年前のジュラ紀の中国から見つかるアンキオルニス・・・アンキオルニスには風切羽のある大きな翼があり、かなり自由に空を飛ぶことができたと思われます。・・・(鳥類の定義については)私は『鳥類とは、風切羽のある翼を備えていて、空中を飛行可能な動物である』とすればいいと思います。誰にとってもすごくわかりやすい定義ではないでしょうか。この基準にしたがうと、アンキオルニスは始祖鳥よりも約1000万年も古い最古の鳥になります。ところが、アンキオルニスはヴェロキラプトルなどと同じくマニラプトル類の恐竜とされ、鳥類には含まれていません。どうしてなのでしょうか? 中国産のアンキオルニスを鳥と認めてしまうと、ドイツから見つかっている始祖鳥は最古の鳥でなくなってしまいます。これは最古の鳥類の化石が、ヨーロッパから失われてしまうことを意味します。これが、古生物学研究の主流を占めている欧米の研究者には我慢ならないことのように私には思えるのです。科学者といえども人間ですから、感情によって解釈が左右されることがあるということをこの論争は示しているのではないでしょうか?・・・もしアンキオルニスがいずれ正式に鳥類として認められれば、ヴェロキラプトルなどマニラプトル類の多くが(後のダチョウやエミューのように)二次的に飛翔能力を失った鳥ということになるでしょう」。, 恐竜絶滅の原因についても、最古の鳥についても、著者の大胆な仮説はなかなか説得力があります。, 戻る (Bahamas, West Indies), † Coraciiformes gen. et spp.

MACN-SC Fleagle Collection (中新世初期 - 中期), †Anatidae gen. et sp. (始新世前期), Tinamidae gen. et sp.

鎌田徹郎 警察 経歴 7, Note とは ブログ 5, 和牛 川西 元カノ 6, 眞 栄 田郷 敦 ラグビー 5, まし ゅ る む ゲーム 4, 爆速 サイト なんj 33, ゲオ スイッチライト 中古 5, 仮面ライダー スーツアクター 死亡 18, 岡山 大学 法科 大学院 教員 56, Tiktok 大阪人あるある うざい 9, 秘書 評価 されない 5, ヤマハ 50cc 旧車 13, Argumentative Essay とは 4, キスマイ ブサイク 富山 5, Sky いつも何度でも 楽譜 16, 蛍原 万馬券 いくら 13, パシフィックリム 続編 3 4, 荒地 荒野 違い 5, コストコ アメリカンチェリー いつから 6, Tnc アナウンサー あえ 8, 育児漫画 インスタ うざい 5, Yet Even 意味 4, ふぁん ふぁ ー れ 有閑喫茶あに ま ー れ 6, 中田翔 ピッチャー なんj 8, 大野智 写真集 公式 5,